NEWS

SpF8が二冊だけ送られてきた(デザインについて)★夏コミ【8/15 東P17b】

投稿日:2010/08/07 更新日:

今回は表紙に、表面がツルツルの紙を使ったのだが、それが原因でなにやら印刷の工程で「カスレ」ができると印刷を頼んだ会社から電話があり、確認してほしいと刷り上がった本が2冊だけ到着した。

しかし、そもそも使ったイラストが我々の歴史におけるカスレみたいなもんだし、細かいことは(周りの人がヤキモキするほど)気にしない質なので、別に問題ないと返答した。実際そのカスレがどこなのかワカラナイ。

しかししかし、手に持ち眺めているだけでニヤニヤしてくる表紙である。本の大きさもやはりこのサイズ(A5)がしっくりくる。

デザインしてくれた者とナカナカと自負しているのだが、どうだろ?…もしかしたらUFOや超常現象好きからのウケはあまりヨロシクないかもしれない。

Spファイルを始めた頃から、内容はものすごくマニアックなんだけど見栄えはそうでない本にしたいという野望を持っていた。どうも「オカルトだ超常現象だ」いうと、黒バックになんだか思わせぶりなオカルトイコンみたいなパターンか、学術じみた木訥なのが定番で、アレがたまらなくイヤだったのだ。

それに、「オカルトとか超常現象とかその類」って、そんな大仰なモンじゃなくて、もっと普通に、そして永続的に、我々と共にアルものなんじゃないかな、との思いもある。――そんなことも表現できたらいいなあと、あまり意識的にでは無いが常に思ってきた。

その結果が、まあコレなのである。

ただ内容のデザインには若干の課題を残した。「今回は読ませる本を作ろう」という野望があり、ページ数の兼ね合いを絡めて、デザインを請け負ってくれたものと相当試行錯誤したのだが、出来上がった本を読んでみると多少文字が大きすぎる感じが否めない。

これPDF校正の段階で、僕が縮小された画像を見て、文字が小さすぎる、もっと大きくしてと注文しちゃったのがいかなかったんだよなあ。気付いた時にはもう文字組変更できる段階を過ぎてたし。

でもまあ、インデザインで同人誌をつくる雛形もできたし、これはこれでヨシとしよう。

-NEWS

関連記事

no image

JTBカルチャー倶楽部で超常現象謎解き講座(ASIOS)

10月、11月、12月の計3回、越谷レイクタウンJTBカルチャー倶楽部で、ペンパル募集も参加している『ASIOS―超常現象を懐疑的に調査する会―(http://www.asios.org/)』が、超常 …

最後の超常同人誌【夏コミ新刊】Spファイルvol.10★8/12(日)東R15b

Spファイル友の会は、夏コミ(コミックマーケット82)に参加します。 新刊は 最後の超常同人誌『Spファイルvol.10』です。 日付は 8月12日(日曜日) ブースは 東地区 Rブロック15b テー …

【文フリ11/24(月祝)】Spレビュー#2「何かが空を飛んでいるファンブック」―空飛ぶ円盤最後の夜に―

Spファイル友の会は、第一九回文学フリマに参加します。 2014年11月24日(月祝) 東京流通センター 第二展示場(11:00~17:00) 配置番号(ブース番号):キー4 http://bunfr …

編集長の日記#10―UFO手帖3.0ほぼレビュー、そして、窪田まみさん初個展『あるかも知れないどこか』開催、あと、コレナニ?バン・デン・バーグの謎モーター(追記あり)

こんにちわ、自分のことを編集長と呼ぶと少し心が痛いUFO手帖の編集長です。 ほんとうに出せるのか最後の最後まで不安だった(いつものことですが)「UFO手帖3.0」は無事刷り上がり、初出しの文フリを終え …

『UFO手帖4.1 特集:気になる!―断片的なもののUFO学』――UFO手帖4の増刷および通信販売再開のお知らせ

先日、重版させていただいた最新刊『UFO手帖5.1』に続き、ながらく在庫切れになっていたバックナンバー『UFO手帖4.0』を『UFO手帖4.1』として増刷(重版)し、BASEショップでの通信販売を再開 …

現在入手可能なSpファイル友の会の書籍

現在入手可能なSpファイル友の会の書籍

さみしいUFO。

[gAd] Spスクエア